ベンチャー企業に関するコラム

何もベンチャー企業に限った話ではないですが、どのような企業で働くにしてもメリットとデメリットは存在します。デメリットをリスクと言い換えても良いかも知れません。そのように言い換えると、人生におけるあらゆる選択に共通して言える、つまりは生きること自体、その両方がいつもつきまとっているのかも知れません。

さて、話を本題に戻しますが、先にベンチャー企業で働くメリットを挙げたいと思います。まず、社内の雰囲気に活気があり、あなたがまだ若いのであれば年齢の近い仲間とにぎやかに働くことができます。ある意味、サークルのようなノリと言っても良いかも知れません。また、少人数であることが多いので、出世が早く、若くして役職が付くことも期待できます。また、組織として制度として成熟していないことが多いので、自身の提案がスムーズに受け入れられたり、組織そのものの在り方、企業としての方向性さえも変えることができるかも知れません。ましてそれがうまくいくと、同時に多くの給料を勝ち取ることもできるでしょう。これは大手企業ではまず味わうことのできない経験でしょう。ただこのことは同時にデメリットな面も持ちあわせており、組織や制度として未熟であるがゆえに、大手企業では当然整備されていることが用意されていないことがあります。強いて言うなら、残業手当がその代表ではないでしょうか。また企業年金や財形貯蓄など、企業そのものの力がないと成立しづらいものも、立ち上げ直後であればあきらめざるを得ないでしょう。制度面での充実を勤務先に求めるのであれば、ベンチャー企業に勤めるのはやめた方が良いと言わざるを得ません。また、その会社に長く勤めるということも難しいかも知れません。長く勤めたいという希望のあるなしに関わらず、ベンチャー企業においては、次の転職先を見据えた働き方をすべきではないでしょうか。転職市場において、役職を持つ人材は次の会社に同じ役職で、なんならそれ以上の役職で移る可能性が高いと言われています。大手企業で役職を得るにはそれなりの年数がかかりますが、ベンチャー企業であれば成果さえきちんと出すことができたら、比較的短期間で役職を手に入れることができるでしょう。その実績と役職を持って他の会社へ行き、キャリアアップを図る、そこまで考えておいた方がベターかも知れません。今の時代、大手企業だからと言って、安心できるわけではありません。社長の顔が見えない組織で働くよりも、いつも社長の顔が見え、社長の熱い思いを感じ、それに共感し、働くことができるのはベンチャー企業ならでは。ベンチャー企業に勤めている間、プライベートの時間は少なくなるかも知れませんが、プライベートの時間では決して得ることのできない貴重な体験、長い目で社会人としての人生を考えた時、決して無駄にはならない、中身の濃い時間がベンチャー企業には待っているはず。今一度、自分が社会人として大切にしたいことは何なのか、今後どのような人生を生きたいと思っているのか、よく考えた上で後悔のないように、自分が勤める会社を選んでほしいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中