プログラミング・TOEIC勉強会

TOEICリスニングで高得点を取るには

 

TOEICリスニングは4つのパートから構成されているので、それぞれのパートに沿った対策というのも最終的には必要になってきます。

しかしリスニング力をつけるということは、毎日の積み重ねが大切になってきます。

 

TOEIC受験の直前にリスニングパートの問題集を解くだけという勉強法を続けてきましたが、一向に点数が伸びず悔しい思いをしてきました。

そこでふと思いついたことが、毎日英語に触れるということでした。

 

社会人になってから仕事で英語を使う人以外は、英語に触れる機会というのはとても少なくなったと思います。仕事が忙しく、十分な勉強時間を確保できない人も多いでしょう。

しかし単時間でも英語に触れることができる機会はたくさんあります。

 

例えばインターネットの動画で英語のニュースを見る、もしくは聞くということができます。

通勤の移動中や電車の待ち時間を利用できるので、忙しい方でも大丈夫です。

初めは何を言ってるかわからないと思いますが、次第に単語を聞き取ることができるようになります。耳が自然と英語に慣れてくるのです。

 

自宅や勤務先で15分ほど学習の時間を確保できる人にはラジオの英語講座を聞くこともおすすめです。ラジオの講座はテキストも市販されているので、初めはテキストを見ずに英語を聞き、わからなかった部分をテキストで確認するという勉強法が良いでしょう。

私は放送される内容をノートに書いて、テキストで答え合わせをするという学習方法をとりました。書くことでより文章を理解することができると思います。

 

これらの学習を続けながら、TOEIC直前には本番と同じ形式の問題集を解き、時間配分や集中力をつけておくことが重要です。リスニングパートに関しては答え合わせの際に放送された文章を確認し、どこが聞き取れなかったのかというのを明確にしておくことも必要です。

 

リスニングパートで高得点をとるには、TOEICだけの対策というよりは日頃から英語に触れ、耳を慣らすということが大事だと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中